皇室の日程から逆算 眞子さまの結婚は遅くても11月上旬

公開日: 更新日:

 小室圭さんが公表した文書について、宮内庁の西村泰彦長官や秋篠宮家の皇嗣職大夫がはかったように「絶賛」したのは、とにかく眞子さまの結婚は早く片付けたいからではないかと前回書いた。眞子さまの結婚問題がこれ以上こじれると、首相官邸が進めている女性宮家の創設が頓挫しかねないという事情もある。

 さらに、官邸や宮内庁が、眞子さまの結婚問題を早く解決しておきたかった理由がもうひとつある。今年の12月1日に愛子さまは20歳になるからだ。このまま小室さんとの問題が泥沼の状態が続いたら、せっかくのお祝いムードが吹っ飛んでしまいかねないと関係者は危惧していたという。

「天皇陛下の娘である愛子内親王と、天皇陛下の姪である眞子内親王は、同じ内親王でも格が違います。当然、お祝いのムードも違います。小室さんのスキャンダラスな報道と一緒に、成年皇族となられる愛子さまのことが取り上げられたら、宮内庁の大失態ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  2. 2

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  3. 3

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  8. 8

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    連日ウソばかり 橋本聖子会長が自己崩壊しない摩訶不思議

もっと見る