吉田隆
著者のコラム一覧
吉田隆記者、ジャーナリスト

1984年に写真週刊誌「FRIDAY」の創刊準備メンバーとして専属記者契約を結ぶ。87年の大韓航空機爆破事件では、犯人の金賢姫たちが隠れていたブダペストのアジトを特定、世界的に話題となる。初代「張り込み班チーフ」として、みのもんたや落合博満の不倫現場、市川染五郎(現・松本幸四郎)や石原慎太郎の隠し子、小渕恵三首相のドコモ株疑惑などジャンルを問わずスクープ記者として活躍。

<23>デヴィ夫人を呆れさせた早貴被告の振る舞い

公開日: 更新日:

 野崎幸助さんはデヴィ夫人と交遊があった。デヴィ夫人が開催する年に1度のチャリティーパーティーに出席することも多かった。

■「なんという女なのか」

 そのデヴィ夫人は早貴被告が逮捕された時、このようなことを言っている。

「野崎さんの前の彼女は美人で、それはもう気配りのできる優しい方でした。あの方と結婚できてれば良かったのに、と今でも思います。それに対して早貴被告は、私と一緒に写真を撮ろうとした時に野崎さんも入っていたので、『あなたはそっちに行って』と押し出したんです。それを見て、なんという女なのかと驚いたのを覚えています」

 デヴィ夫人が言う「優しい彼女」というのが、交際クラブの紹介で知り合った鮎子さん(仮名)である。身長165センチの大柄でスリムな体形ながら胸が大きいというドン・ファンの好みのタイプ。ドン・ファンは彼女に求婚したが、彼女なりに悩んだらしい。むげに断るのもかわいそうだということで、彼女はドン・ファンからの電話に出なくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

  2. 2
    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

  3. 3
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  4. 4
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

  4. 9
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  5. 10
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた