カズレーザー「完璧だと思うものは朝日奈央」コメントが示す芸能界コロナ禍サバイバルのカギ

公開日: 更新日:

 お笑い芸人のカズレーザー(37)とタレントの朝日奈央(28)が26日、都内で行われた「完璧な新キリンチューハイ」解禁発表会に登場した。

 イベント名にちなみ“完璧だと思うもの”を聞かれたカズレーザーは「朝日奈央」と回答。「スキのない話をしてて、完璧すぎでウソだと思う」とコメントし、2人の“完璧”すぎるトークとイベント回しで盛り上がった。

【写真】この記事の関連写真を見る(07枚)

 同志社女子大学教授(メディア論)の影山貴彦氏は「これからのタレントの生命線は知性」と分析し、こう続ける。

“敵をつくらない”“危なくない知性”ならスポンサーも安心

「割拠する同種のタレントから朝日さんが頭ひとつ抜けつつあるのは、彼女のクレバーさが功を奏しているから。かといってバラエティータレントらしさも忘れず、嫌みがない。カズレーザーさんはお笑い芸人としてスレスレのところを突いてきたりする。おそらくそれも彼の頭脳による計算で、テレビが求める“意外性”を体現している。NHKの朝ドラ『カムカムエヴリバディ』の3人目のヒロイン、川栄李奈さんも、アイドルから見事に“知性の光る”女優に転じ、人気を不動のものにしています。ネット炎上がネックになる世の中で、スポンサーも安心な“敵をつくらない”“危なくない知性”が求められている。まさに朝日さんやカズレーザーさんは時代のニーズにピタリとハマっていると言えます」

 コロナ禍で出演者の人数を削減され、明暗がハッキリしてきた芸能界。見えない知性が生き残りのカギになっている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ