「パラリーガルのままでよいですよ」…話題の本「秋篠宮」の思いは小室圭さんに伝わっているのか

公開日: 更新日:

 2017年9月、秋篠宮家長女、眞子さんと小室圭さんの婚約が内定するも、同年12月に、小室さんの母親と元婚約者との間の金銭トラブルが発覚。結局、昨年10月まで結婚が延期され、儀式なし、一時金なしという前代未聞の皇族の結婚に落ち着いた。

 あれからおよそ7カ月、眞子さんと小室さんの結婚問題などについて、秋篠宮さまの肉声がつづられた書籍「秋篠宮」(小学館)が先ごろ発売され、波紋を呼んでいる。さまざまなメディアに取り上げられ、Amazonランキングでは100位以内にあるなど、すでに話題の本となっている。

 秋篠宮家と親交の深い、元毎日新聞特別委員でジャーナリストの江森敬治氏が、17年5月から22年1月までの計37回、宮邸などで秋篠宮さまから直接話を聞いたことをまとめたものだという。帯には《皇族である前に一人の人間である。》と記されるように、秋篠宮さまの思いを伝えるために出版されたものというのがもっぱらだ。

 そこには、2人の結婚へのバッシングが日に日に大きくなっていく状況と、そんな中ででも、結婚を推し進めようとする眞子さんと小室さんとの間で苦悩されている秋篠宮さまの様子が感じ取ることができる。

小室圭さんへの身辺調査なし

 これまで明かされていなかった話の中でも、ネット上で《やはり》という声が上がっているのが、小室さんへの身辺調査が行われなかった点だろう。

《今回は相手の男性の家庭状況など事前に調べたりされましたか?》と尋ねた江森氏に、秋篠宮さまは《うーん》と答えづらそうな様子でこうお話しされたという。

《個人情報がいろいろとうるさい時代なので、家庭状況などを調査すること自体に問題があります》

 さらに、都内の法律事務所にパラリーガル(法律事務員)として勤務していた小室さんの職業について秋篠宮さまは、《パラリーガルのままでもよいですよ》と答えられたという。

 現在、米ニューヨークの現地法律事務所でパラリーガルとして働きながら、弁護士を目指して、7月に3度目の司法試験に挑もうとしている小室圭さん。秋篠宮さまは、身の丈にあった暮らしをすればいいというお考えのようだが、こうした気持ちが眞子さん、小室さんにどこまで伝わっているのか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか