ミュージカル俳優・井上芳雄の凄まじいポテンシャル テレビの「脱お笑い路線」にピッタリ

公開日: 更新日:

 ミュージカル俳優・井上芳雄(42)の活躍が目覚ましい。4月から「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)のMCに就任。東野幸治(54)、後藤輝基(47)と週替わりで登場している。また、18日生放送のダンス日本一決定戦「THE DANCE DAY」(同局)では水卜麻美アナ(35)と共にMCをつとめ、平日夜の特番にもかかわらず、最高視聴率12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と健闘。セリフによどみなく、生放送もそつなくこなし、局内では“新たな戦力”として評価も上々だという。

 井上は東京芸大の声楽科に在学中からミュージカルに出演。ブロードウェーミュージカルの日本版等で活躍し、山崎育三郎(36)、浦井健治(40)とともに“ミュージカル界のプリンス”と呼ばれている。私生活では、16年に舞台で共演した知念里奈(41)と結婚、現在2児の父でもある。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「今テレビ局は若い視聴者層獲得のため、出演者の若返りを図っており、MC陣も入れ替えが始まっています。井上さんの舞台で築いた人気の基礎票、トーク力、とっさの対応力はまさに“即戦力”。奥さんの知念さんの知名度も彼の好感度を上乗せしている。ヤミ営業、ゲス不倫などスキャンダルが続くお笑い芸人と距離を置こうとしている中、井上さんはスキャンダルとは無縁で気品もある。既婚で子持ち、子育て世代の視聴者層と同じ目線で語れる背景もあり、フジテレビ『めざまし8』の谷原章介さんの次を行く人材といえます。場数を踏めば大化け、ややもすれば『スッキリ』の加藤浩次さんを揺るがす存在になるかもしれません」

 ほぼ日テレ専属の逸材だ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?