ジャニーズ事務所のジュリー社長が日経新聞に広告…ナベプロ帝国の衰退を思い出した

公開日: 更新日:

 本論に入る前に、一言いわせてもらいたい。即刻、中国からの入国者を全面的に禁止すべきだ。中国ヘイトではない。コロナの感染者が多過ぎて発表できない国の人間は入れてはいけないということ、自明の理。中国人のカネ欲しさに観光客を受け入れる。この国は、それほど卑しい国になってしまったのか。岸田首相よ、恥を知れ。

 さて、毎度お馴染みのジャニーズ事務所のお話。元日の日経に藤島ジュリー社長がメッセージ広告を出したことが話題である。何をいいたいのか分からない不思議な文章だが、彼女が今の窮状に焦り、危機感を持っているということは行間から伝わってくる。

「私たちの仲間(所属しているタレントたちのことだろう)が、どう生きることが幸せか」を問い続ける。「(タレントたちと)同じ目線で語り、夢を分かち合う」ことが大事だという。

 お説ごもっともだが、それには、これまで所属するアイドルたちの幸せを優先せず、同じ目線で語り合うこともなく、美少年好きのジャニー喜多川社長(故人)のためだけに、この事務所が存在していたということの「罪」を、ジュリー社長が自らに問わなければいけないのではないか。そうしなければ“新たな風景”を見ることができるはずはない。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路