松本人志の“超強気姿勢”は自信のなさの裏返しか…偏向報道への人権侵害申し立てどうなった?

公開日: 更新日:

 5日、「週刊文春」発行元の文藝春秋との裁判で、「同意を得ずに性的行為を強制したことは一切ない」と主張したダウンタウン松本人志(60)側はさらに、5億5000万円の損害賠償のほかに休業補償を求めるなど、超強気ぶりが際立った。

 松本は自身の性加害疑惑が文春に報じられると、芸能活動休止を発表し、訴訟に臨んでいる。

「今も日課のトレーニングを欠かさず、弁護士や吉本関係者と密に連絡を取り合うなど、普段通りの生活をしていると言います。1983年にダウンタウンを結成し、デビューしてから40年あまり、これほどまで長い休みを取ったことがない松本さんが、活動を止めてまで裁判に臨んでいるのは、早く潔白を証明して仕事復帰したいからだと言います。この休業期間で、お笑いへの意欲はますます高まっているようです」(お笑い関係者)

 後輩芸人や熱烈なファンからは、松本の早期の復帰を望む声が高まっている。こうした後押しがある中で強気姿勢を見せる松本だが、その一方で自信のなさも垣間見えるという。

■暴露系配信を証拠として提出と報じられ…

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方