女性関係のこじれから自殺した 松宮一彦アナ

公開日:  更新日:

<1999年9月>

 99年9月、元TBSの人気アナだった松宮一彦が自宅マンションで首吊り自殺し、45年の短い一生を終えた。松宮は当時、新旧2人の恋人と関係がこじれていて、それも自殺の一因とみられた。

 28日深夜、恋人(当時36)が松宮の自宅マンションを訪ねた。前日昼過ぎに、松宮から「体調が悪い」と電話がかかってきたが、その時の様子が変だったという。彼女はその後、何度か電話をかけたが、ずっと留守電だった。

 合鍵を持っていた彼女は気になってマンションに向かい、ドアを開けようとした。だが、何か重いものが引っかかったようで開かない。彼女がやっと開いたドアの隙間から中をのぞくと、ノブにネクタイが結びつけられており、そこで松宮が首を吊って死んでいた。死亡推定時刻は前日の午後4時。遺書はなかったが、明らかな自殺だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る