惜しまれつつ35年の生涯を終えたAV女優 林由美香

公開日: 更新日:

<2005年6月>

 05年6月、AVの人気女優として16年間にもわたり第一線で活躍した林由美香が30代半ばで急死した。出演作400本以上の「鉄人AV女優」と呼ばれた彼女の死は「報道ステーション」(テレビ朝日)でも特集が組まれ、一般メディアでも大きく取り上げられた。

 28日午後11時ごろ、映画・AV監督の平野勝之は由美香の部屋に向かった。当時、平野監督は林由美香を主人公としたドキュメンタリーAVの製作を行っており、前日に35歳の誕生日を迎えた彼女の撮影を行う予定になっていた。だが、彼女は姿を現さず、連絡も取れない状態。仕事に関してストイックなことで知られた彼女のドタキャンなど、今までに一度もなかった。

 これは何かあったのかと心配した平野監督は、彼女の母親であるラーメンチェーン「野方ホープ」社長の小栗冨美代さんに連絡を取り、合鍵でドアを開け、一人暮らしのマンションに入った。そこで彼らが見たのは部屋の床に倒れ、息をしていない林の姿だった。遺族によれば、安らかな死に顔だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る