惜しまれつつ35年の生涯を終えたAV女優 林由美香

公開日: 更新日:

<2005年6月>

 05年6月、AVの人気女優として16年間にもわたり第一線で活躍した林由美香が30代半ばで急死した。出演作400本以上の「鉄人AV女優」と呼ばれた彼女の死は「報道ステーション」(テレビ朝日)でも特集が組まれ、一般メディアでも大きく取り上げられた。

 28日午後11時ごろ、映画・AV監督の平野勝之は由美香の部屋に向かった。当時、平野監督は林由美香を主人公としたドキュメンタリーAVの製作を行っており、前日に35歳の誕生日を迎えた彼女の撮影を行う予定になっていた。だが、彼女は姿を現さず、連絡も取れない状態。仕事に関してストイックなことで知られた彼女のドタキャンなど、今までに一度もなかった。

 これは何かあったのかと心配した平野監督は、彼女の母親であるラーメンチェーン「野方ホープ」社長の小栗冨美代さんに連絡を取り、合鍵でドアを開け、一人暮らしのマンションに入った。そこで彼らが見たのは部屋の床に倒れ、息をしていない林の姿だった。遺族によれば、安らかな死に顔だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  9. 9

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

  10. 10

    緊急事態宣言いよいよ全面解除 感染しない外出の楽しみ方

もっと見る