• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

正月早々暴力団にレンガで襲撃された鶴田浩二

<1953年1月>

 年が明けて間もない6日午後8時30分、大阪・四天王寺近くにある旅館・備前屋の2階から、若い女性たちがキャーッと悲鳴を上げながら駆け下りてきた。続いて下りてきた4人の男たちは入り口に止めてあった高級車に乗り込み姿を消した。

 2階の部屋には血まみれになって倒れている鶴田浩二(当時28)の姿があった。

 その前で一緒に食事をしていた水の江滝子、高峰三枝子らが、呆然と立ち尽くしていた。鶴田は救急車で近くの病院に運ばれて、頭と手を11針縫う応急処置が施された。全治10日間のケガだった。

 1時間前まで鶴田は水の江や高峰と千日前・大劇の正月公演「百万ドルの宝船」に出演。ショーを終え、旅館に戻ると、鶴田にサインを求める女性ファンたちが集まっていた。

 そのうちの10人ほどを部屋に招き入れると、その一群に紛れて男たちも上がってきたのだった。そのうちのひとりが「鶴田さん、おめでとう」と声をかけながら空のウイスキーボトルで殴りかかった。顔をやられたらまずいととっさに頭を抱えうずくまった鶴田に、別の男がレンガを振り下ろした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る