正月早々暴力団にレンガで襲撃された鶴田浩二

公開日:  更新日:

<1953年1月>

 年が明けて間もない6日午後8時30分、大阪・四天王寺近くにある旅館・備前屋の2階から、若い女性たちがキャーッと悲鳴を上げながら駆け下りてきた。続いて下りてきた4人の男たちは入り口に止めてあった高級車に乗り込み姿を消した。

 2階の部屋には血まみれになって倒れている鶴田浩二(当時28)の姿があった。

 その前で一緒に食事をしていた水の江滝子、高峰三枝子らが、呆然と立ち尽くしていた。鶴田は救急車で近くの病院に運ばれて、頭と手を11針縫う応急処置が施された。全治10日間のケガだった。

 1時間前まで鶴田は水の江や高峰と千日前・大劇の正月公演「百万ドルの宝船」に出演。ショーを終え、旅館に戻ると、鶴田にサインを求める女性ファンたちが集まっていた。

 そのうちの10人ほどを部屋に招き入れると、その一群に紛れて男たちも上がってきたのだった。そのうちのひとりが「鶴田さん、おめでとう」と声をかけながら空のウイスキーボトルで殴りかかった。顔をやられたらまずいととっさに頭を抱えうずくまった鶴田に、別の男がレンガを振り下ろした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る