正月早々暴力団にレンガで襲撃された鶴田浩二

公開日: 更新日:

<1953年1月>

 年が明けて間もない6日午後8時30分、大阪・四天王寺近くにある旅館・備前屋の2階から、若い女性たちがキャーッと悲鳴を上げながら駆け下りてきた。続いて下りてきた4人の男たちは入り口に止めてあった高級車に乗り込み姿を消した。

 2階の部屋には血まみれになって倒れている鶴田浩二(当時28)の姿があった。

 その前で一緒に食事をしていた水の江滝子、高峰三枝子らが、呆然と立ち尽くしていた。鶴田は救急車で近くの病院に運ばれて、頭と手を11針縫う応急処置が施された。全治10日間のケガだった。

 1時間前まで鶴田は水の江や高峰と千日前・大劇の正月公演「百万ドルの宝船」に出演。ショーを終え、旅館に戻ると、鶴田にサインを求める女性ファンたちが集まっていた。

 そのうちの10人ほどを部屋に招き入れると、その一群に紛れて男たちも上がってきたのだった。そのうちのひとりが「鶴田さん、おめでとう」と声をかけながら空のウイスキーボトルで殴りかかった。顔をやられたらまずいととっさに頭を抱えうずくまった鶴田に、別の男がレンガを振り下ろした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る