ワイセツ事件で無罪放免になった荒木一郎

公開日: 更新日:

<1969年2月>

 2月7日昼前、東京・赤坂で羽仁進監督の映画「愛奴」の撮影をしていた荒木一郎(当時25)が町田署の刑事に逮捕された。容疑は強制わいせつ致傷。17歳の女子高生にわいせつ行為をしようとして、左首と肩に全治5日間のケガを負わせたというもの。

「訴え出た女子高生の母親が口頭で語った内容に信憑(しんぴょう)性があると判断。町田署はただちに逮捕状を請求。しかし、ちゃんと裏付けをとっていたわけではなかった」(元芸能記者)

 母親の訴えによると事件のあらましは以下のようになる。
〈1月27日、知人から「女優になりたい」という町田市に住む女子高生を紹介された荒木は六本木の喫茶店で会った。その4日後、再び六本木で会い、「映画のプロデューサーと会わすから」と同行していた母親を帰し、女子高生を麻布十番のマンションに連れ込んだ。そこで荒木は「女優の素質があるかテストする」といって女子高生を裸にしていたずらに及んだ〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る