• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ワイセツ事件で無罪放免になった荒木一郎

<1969年2月>

 2月7日昼前、東京・赤坂で羽仁進監督の映画「愛奴」の撮影をしていた荒木一郎(当時25)が町田署の刑事に逮捕された。容疑は強制わいせつ致傷。17歳の女子高生にわいせつ行為をしようとして、左首と肩に全治5日間のケガを負わせたというもの。

「訴え出た女子高生の母親が口頭で語った内容に信憑(しんぴょう)性があると判断。町田署はただちに逮捕状を請求。しかし、ちゃんと裏付けをとっていたわけではなかった」(元芸能記者)

 母親の訴えによると事件のあらましは以下のようになる。
〈1月27日、知人から「女優になりたい」という町田市に住む女子高生を紹介された荒木は六本木の喫茶店で会った。その4日後、再び六本木で会い、「映画のプロデューサーと会わすから」と同行していた母親を帰し、女子高生を麻布十番のマンションに連れ込んだ。そこで荒木は「女優の素質があるかテストする」といって女子高生を裸にしていたずらに及んだ〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る