ワイセツ事件で無罪放免になった荒木一郎

公開日: 更新日:

<1969年2月>

 2月7日昼前、東京・赤坂で羽仁進監督の映画「愛奴」の撮影をしていた荒木一郎(当時25)が町田署の刑事に逮捕された。容疑は強制わいせつ致傷。17歳の女子高生にわいせつ行為をしようとして、左首と肩に全治5日間のケガを負わせたというもの。

「訴え出た女子高生の母親が口頭で語った内容に信憑(しんぴょう)性があると判断。町田署はただちに逮捕状を請求。しかし、ちゃんと裏付けをとっていたわけではなかった」(元芸能記者)

 母親の訴えによると事件のあらましは以下のようになる。
〈1月27日、知人から「女優になりたい」という町田市に住む女子高生を紹介された荒木は六本木の喫茶店で会った。その4日後、再び六本木で会い、「映画のプロデューサーと会わすから」と同行していた母親を帰し、女子高生を麻布十番のマンションに連れ込んだ。そこで荒木は「女優の素質があるかテストする」といって女子高生を裸にしていたずらに及んだ〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る