米国進出をバッシングされたピンク・レディー

公開日: 更新日:

<1980年3月>

 デビュー曲「ペッパー警部」が60万枚(オリコン調べ)の大ヒット。その後、ミリオンセラーを連発し、社会現象を巻き起こしたミーとケイの2人組ピンク・レディー。80年3月には日本人初となる全米3大ネットへのレギュラー出演という快挙も成し遂げた。

 しかし、その一方で日本のマスコミはピンクの米国進出にバッシング記事を書き立て、解散間近とまで報道する騒ぎとなった。

 77年の「渚のシンドバッド」から78年の「モンスター」まで5曲連続でミリオンセラーのヒットを飛ばしたピンクのターニングポイントは、78年紅白辞退。日テレの特番「ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!!」に出演するのが理由だが、人気絶頂期に紅白を“蹴った”形となったピンクに対し、マスコミは冷ややかな記事を掲載するようになる。特番も視聴率を稼ぐことができず、78年の1回のみで終了。さらに前年の辞退への意趣返しか、79年の紅白歌合戦は落選になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る