米国進出をバッシングされたピンク・レディー

公開日: 更新日:

<1980年3月>

 デビュー曲「ペッパー警部」が60万枚(オリコン調べ)の大ヒット。その後、ミリオンセラーを連発し、社会現象を巻き起こしたミーとケイの2人組ピンク・レディー。80年3月には日本人初となる全米3大ネットへのレギュラー出演という快挙も成し遂げた。

 しかし、その一方で日本のマスコミはピンクの米国進出にバッシング記事を書き立て、解散間近とまで報道する騒ぎとなった。

 77年の「渚のシンドバッド」から78年の「モンスター」まで5曲連続でミリオンセラーのヒットを飛ばしたピンクのターニングポイントは、78年紅白辞退。日テレの特番「ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!!」に出演するのが理由だが、人気絶頂期に紅白を“蹴った”形となったピンクに対し、マスコミは冷ややかな記事を掲載するようになる。特番も視聴率を稼ぐことができず、78年の1回のみで終了。さらに前年の辞退への意趣返しか、79年の紅白歌合戦は落選になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る