• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米国進出をバッシングされたピンク・レディー

<1980年3月>

 デビュー曲「ペッパー警部」が60万枚(オリコン調べ)の大ヒット。その後、ミリオンセラーを連発し、社会現象を巻き起こしたミーとケイの2人組ピンク・レディー。80年3月には日本人初となる全米3大ネットへのレギュラー出演という快挙も成し遂げた。

 しかし、その一方で日本のマスコミはピンクの米国進出にバッシング記事を書き立て、解散間近とまで報道する騒ぎとなった。

 77年の「渚のシンドバッド」から78年の「モンスター」まで5曲連続でミリオンセラーのヒットを飛ばしたピンクのターニングポイントは、78年紅白辞退。日テレの特番「ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!!」に出演するのが理由だが、人気絶頂期に紅白を“蹴った”形となったピンクに対し、マスコミは冷ややかな記事を掲載するようになる。特番も視聴率を稼ぐことができず、78年の1回のみで終了。さらに前年の辞退への意趣返しか、79年の紅白歌合戦は落選になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る