米国進出をバッシングされたピンク・レディー

公開日:  更新日:

<1980年3月>

 デビュー曲「ペッパー警部」が60万枚(オリコン調べ)の大ヒット。その後、ミリオンセラーを連発し、社会現象を巻き起こしたミーとケイの2人組ピンク・レディー。80年3月には日本人初となる全米3大ネットへのレギュラー出演という快挙も成し遂げた。

 しかし、その一方で日本のマスコミはピンクの米国進出にバッシング記事を書き立て、解散間近とまで報道する騒ぎとなった。

 77年の「渚のシンドバッド」から78年の「モンスター」まで5曲連続でミリオンセラーのヒットを飛ばしたピンクのターニングポイントは、78年紅白辞退。日テレの特番「ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!!」に出演するのが理由だが、人気絶頂期に紅白を“蹴った”形となったピンクに対し、マスコミは冷ややかな記事を掲載するようになる。特番も視聴率を稼ぐことができず、78年の1回のみで終了。さらに前年の辞退への意趣返しか、79年の紅白歌合戦は落選になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る