戸籍を男から女に変更したカルーセル麻紀

公開日: 更新日:

<2004年10月>

 タレントのカルーセル麻紀(当時61)が記者会見を開く。男から女へ戸籍が変わったことを報告する会見だった。

 28日、記者団の前に黒のドレス姿のカルーセル麻紀が登場した。戸籍変更が前月末に裁判所で認められたとの情報は流れていたが、肋骨(ろっこつ)を骨折し、1カ月遅れの記者会見になった。

 開口一番、「前からタレント名鑑の『女優』の欄に載せてもらっていたけど、本名は『徹男』だったので仮の女優だったのよ。これからは本名も『麻紀』です」と満面の笑みで語った。

 記者のひとりから「結婚は?」という質問が寄せられた。

 彼女は「だれか奇特な人がいたら後妻でもいいです。お嫁にもらって」と冗談交じり。

 それまで外見と違うパスポートの性別欄のせいで、海外旅行のたびにつらい思いをしていた。この30年前にハワイに行った時は、入国審査でいきなり精神科に連れていかれ、真っ裸で検査をされたこともあった。海外に行く時はすっぴんで髪を引っ詰める「男装」姿で、入国審査を緊張しながら受けるのも常だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る