戸籍を男から女に変更したカルーセル麻紀

公開日:  更新日:

<2004年10月>

 タレントのカルーセル麻紀(当時61)が記者会見を開く。男から女へ戸籍が変わったことを報告する会見だった。

 28日、記者団の前に黒のドレス姿のカルーセル麻紀が登場した。戸籍変更が前月末に裁判所で認められたとの情報は流れていたが、肋骨(ろっこつ)を骨折し、1カ月遅れの記者会見になった。

 開口一番、「前からタレント名鑑の『女優』の欄に載せてもらっていたけど、本名は『徹男』だったので仮の女優だったのよ。これからは本名も『麻紀』です」と満面の笑みで語った。

 記者のひとりから「結婚は?」という質問が寄せられた。

 彼女は「だれか奇特な人がいたら後妻でもいいです。お嫁にもらって」と冗談交じり。

 それまで外見と違うパスポートの性別欄のせいで、海外旅行のたびにつらい思いをしていた。この30年前にハワイに行った時は、入国審査でいきなり精神科に連れていかれ、真っ裸で検査をされたこともあった。海外に行く時はすっぴんで髪を引っ詰める「男装」姿で、入国審査を緊張しながら受けるのも常だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る