「ウチのおとーちゃん」と略奪婚だった大屋政子

公開日:  更新日:

<1950年5月>

 派手なピンクのミニスカートと甲高い声で人気だった大屋政子。「ウチのおとーちゃん」の口癖でも有名だったが、この“おとーちゃん”とは50年5月、29歳の時に結婚した「帝人」のワンマン社長、大屋晋三氏(当時55)。結婚時は運輸大臣を務めていたが、政子との交際がスタートした時は別居中の妻がいた。現役大臣の不倫再婚は、戦後マスコミを賑わせる騒ぎになった。

 政子は衆議院議員、森田政義の娘として生まれたが、声楽家を目指してコロムビアに入社。戦争中は軍属歌手として工場などへの慰問公演を行っていた。戦後もテイチク専属歌手として御風真弓の芸名でレコードもリリースするなど、芸能活動を行っていた。

 転機は47年、晋三氏の参院選出馬。一時的に帝人を離れて政界進出を目指す晋三氏は父・森田の地盤を持つ政子に選挙応援を依頼した。親子ともいえる年の差の2人。政子は後にぶら下がるようについて回り、「ウチのパパはねぇ」と言いながら選挙運動をして当選を支えた。政子は当選祝いの客たちにも「ウチのパパがね」と口癖のように繰り返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る