• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ウチのおとーちゃん」と略奪婚だった大屋政子

<1950年5月>

 派手なピンクのミニスカートと甲高い声で人気だった大屋政子。「ウチのおとーちゃん」の口癖でも有名だったが、この“おとーちゃん”とは50年5月、29歳の時に結婚した「帝人」のワンマン社長、大屋晋三氏(当時55)。結婚時は運輸大臣を務めていたが、政子との交際がスタートした時は別居中の妻がいた。現役大臣の不倫再婚は、戦後マスコミを賑わせる騒ぎになった。

 政子は衆議院議員、森田政義の娘として生まれたが、声楽家を目指してコロムビアに入社。戦争中は軍属歌手として工場などへの慰問公演を行っていた。戦後もテイチク専属歌手として御風真弓の芸名でレコードもリリースするなど、芸能活動を行っていた。

 転機は47年、晋三氏の参院選出馬。一時的に帝人を離れて政界進出を目指す晋三氏は父・森田の地盤を持つ政子に選挙応援を依頼した。親子ともいえる年の差の2人。政子は後にぶら下がるようについて回り、「ウチのパパはねぇ」と言いながら選挙運動をして当選を支えた。政子は当選祝いの客たちにも「ウチのパパがね」と口癖のように繰り返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る