「ウチのおとーちゃん」と略奪婚だった大屋政子

公開日: 更新日:

<1950年5月>

 派手なピンクのミニスカートと甲高い声で人気だった大屋政子。「ウチのおとーちゃん」の口癖でも有名だったが、この“おとーちゃん”とは50年5月、29歳の時に結婚した「帝人」のワンマン社長、大屋晋三氏(当時55)。結婚時は運輸大臣を務めていたが、政子との交際がスタートした時は別居中の妻がいた。現役大臣の不倫再婚は、戦後マスコミを賑わせる騒ぎになった。

 政子は衆議院議員、森田政義の娘として生まれたが、声楽家を目指してコロムビアに入社。戦争中は軍属歌手として工場などへの慰問公演を行っていた。戦後もテイチク専属歌手として御風真弓の芸名でレコードもリリースするなど、芸能活動を行っていた。

 転機は47年、晋三氏の参院選出馬。一時的に帝人を離れて政界進出を目指す晋三氏は父・森田の地盤を持つ政子に選挙応援を依頼した。親子ともいえる年の差の2人。政子は後にぶら下がるようについて回り、「ウチのパパはねぇ」と言いながら選挙運動をして当選を支えた。政子は当選祝いの客たちにも「ウチのパパがね」と口癖のように繰り返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る