愛人バンク「夕ぐれ族」筒見待子の転落人生

公開日: 更新日:

 案内書では「特定の相手と交際するのだから売春ではありません。当会はあくまでも紹介するだけで、あとはお互いの自由交際」と説明。それがどうして逮捕に至ったのか。83年8月末、オフィスに泥棒が入ったのがきっかけだった。

 犯人は「盗んだ会員名簿を3000万円で買い取れ」と要求。指定された場所に現れた男2人を夕ぐれ族の従業員が取り押さえ、警察に突き出した。警察は証拠物件として会員名簿を押収。そこに出ていた会員を事情聴取すると女性会員は複数の男性を紹介され、デートのたびに3万~5万円のカネを受け取っていたことが判明。警察は夕ぐれ族の摘発に踏み切った。

 逮捕で筒見が月30万円で雇われる人寄せパンダにすぎなかったことが判明。それまで語っていた経歴もほとんどがウソだった。1部上場商社の役員だったはずの父親は小さなクリーニング屋の店主。小学校から大学まで一貫教育の女学校に通っていたというのも、まったくの詐称。地元の女子高を1年足らずで中退して、定時制高校に編入し卒業した。その後は喫茶店、弁当屋、事務員、バニーガールなど、アルバイトを転々としていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  5. 5

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  10. 10

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る