愛人バンク「夕ぐれ族」筒見待子の転落人生

公開日: 更新日:

<1983年12月>

「関係のない人は出て」
 刑事の一言で、テレビ局の取材クルーは追い出されてしまった。

 12月8日午後1時半、東京・銀座の小さなビルの一室に十数人の私服刑事たちが一斉に踏み込んだ。そこは「夕ぐれ族」のオフィス。取材クルーは社長の筒見待子を待っているところだったが、会うことはできなかった。ちょうどそのころ、オフィスから歩いて数分の自宅マンションで逮捕されていたからだ。オフィスにいた実質的な経営者Kと営業責任者のMも逮捕された。容疑はいずれも売春防止法違反。この逮捕で、22歳と語っていた筒見の本当の年齢が25歳だったこともわかった。

「わが国で初の会員制登録機関・愛人バンク」と銘打った夕ぐれ族が発足したのは前年1月。入会金は男性20万円、女性は0~10万円で、気に入った相手が見つかるまで何回でも紹介するシステムだった。筒見はその年の秋ごろからマスコミに登場するようになり、すぐに引っ張りダコになる。夕ぐれ族のユニークさに加え、筒見のあどけない顔がテレビ受けしたのだ。「笑っていいとも!」に出演したり、「トゥナイト」などの深夜番組にも頻繁に登場し、人気はウナギ上り。ちょうど松田聖子の全盛期で、筒見は「風俗界の聖子ちゃん」ともてはやされ、テレビ局も彼女をタレント扱いした。その広告塔効果で夕ぐれ族の会員数は5000人に達し、入会金だけでも5億円を売り上げたと報じられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  4. 4

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

  9. 9

    負けず嫌いが演技の原動力 広瀬すずは生来の「体育会系」

  10. 10

    “黒い交際”閣僚をスルー 大メディアのご都合主義と二枚舌

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る