離婚報道で見えてきた 鈴木紗理奈と別れたモテ夫の“関係性”

公開日: 更新日:

 もちろん浮気はよくないが、さすがに顔面血だらけとなると……。紗理奈がそうだとは言わないが、夫に暴力を振るうDV妻も増えている。今年7月には神奈川で、夫の頭をノートパソコンでたたき、それを投げつけて意識不明の重体にさせた38歳妻が逮捕された。

 まったく見境のない女だが、実は、女に殴られる男にも“共通点”があるらしい。作家の亀山早苗氏がこう言う。

「夫に暴力を振るう妻が口をそろえて言うのは、『こっちは怒っているのに、冷静で取り乱さない態度がムカつく』です。もちろんDVは問題ですが、この気持ちは分かりますね。一方、妻のDVを受けている男性を取材すると、『妻を受け止められるのは自分だけだ』『妻は他の男には暴力は振るわない』『受け止めてあげないと』と言う人が多い。暴力を愛情の発露と考えている節さえあります」

 妻の暴力を冷静に受け止めている自分に酔いしれる“ナルシシスト”が危ないらしい。テラシーもそうだった?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  4. 4

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  5. 5

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  6. 6

    小池知事ドヤ顔「8時だョ!」ドリフこじつけ発言で大炎上

  7. 7

    樋口英明氏「耐震性に着目すれば全ての原発を止められる」

  8. 8

    社会学者・鈴木涼美氏が考察する「菅義偉おじさん」の正体

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る