ストリップ伴奏、ソープ忘年会…稲垣潤一が自伝で明かした「バックバンド時代」

公開日: 更新日:

 もうじき冬の定番曲「クリスマスキャロルの頃には」(92年)の季節である。甘く切ない歌声で聴かせる歌手・稲垣潤一(60)が、自伝的小説「ハコバン70’S」(講談社)を上梓。知られざる“下積み時代”をつづっている。

「若い……ですね」

 同書の表紙は82年のデビュー曲「夏のリグレット」のジャケット写真。当時28歳、遅咲きのデビュー。それまでは地元・仙台で19歳から9年間、ハコバンメンバーとして活動していた。略してハコバン。キャバレーやクラブなど音楽鑑賞を目的としない箱(店)で生演奏するバンドを指すミュージシャン用語だ。

「70年代、日本のどの都市にもハコがあり、仙台では40~50軒ぐらいでしょうか。長くて半年、短くて10日のペースで店を転々としながら、ホステスさん目当てにくるお客さんの前でBGM代わりに演奏する。ストリップショーの伴奏もやりましたし、ソープランド嬢の忘年会のバンドも。事前に集まりの趣旨を聞かされておらず、オーディエンスがやけになれなれしいなあと驚いた記憶があります(笑い)。現在はハコそのものがなく絶滅状態。ハコバン時代が僕の音楽スタイルを築いたのは間違いなく、書き残しておきたかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る