ストリップ伴奏、ソープ忘年会…稲垣潤一が自伝で明かした「バックバンド時代」

公開日:  更新日:

 もうじき冬の定番曲「クリスマスキャロルの頃には」(92年)の季節である。甘く切ない歌声で聴かせる歌手・稲垣潤一(60)が、自伝的小説「ハコバン70’S」(講談社)を上梓。知られざる“下積み時代”をつづっている。

「若い……ですね」

 同書の表紙は82年のデビュー曲「夏のリグレット」のジャケット写真。当時28歳、遅咲きのデビュー。それまでは地元・仙台で19歳から9年間、ハコバンメンバーとして活動していた。略してハコバン。キャバレーやクラブなど音楽鑑賞を目的としない箱(店)で生演奏するバンドを指すミュージシャン用語だ。

「70年代、日本のどの都市にもハコがあり、仙台では40~50軒ぐらいでしょうか。長くて半年、短くて10日のペースで店を転々としながら、ホステスさん目当てにくるお客さんの前でBGM代わりに演奏する。ストリップショーの伴奏もやりましたし、ソープランド嬢の忘年会のバンドも。事前に集まりの趣旨を聞かされておらず、オーディエンスがやけになれなれしいなあと驚いた記憶があります(笑い)。現在はハコそのものがなく絶滅状態。ハコバン時代が僕の音楽スタイルを築いたのは間違いなく、書き残しておきたかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る