ストリップ伴奏、ソープ忘年会…稲垣潤一が自伝で明かした「バックバンド時代」

公開日: 更新日:

 もうじき冬の定番曲「クリスマスキャロルの頃には」(92年)の季節である。甘く切ない歌声で聴かせる歌手・稲垣潤一(60)が、自伝的小説「ハコバン70’S」(講談社)を上梓。知られざる“下積み時代”をつづっている。

「若い……ですね」

 同書の表紙は82年のデビュー曲「夏のリグレット」のジャケット写真。当時28歳、遅咲きのデビュー。それまでは地元・仙台で19歳から9年間、ハコバンメンバーとして活動していた。略してハコバン。キャバレーやクラブなど音楽鑑賞を目的としない箱(店)で生演奏するバンドを指すミュージシャン用語だ。

「70年代、日本のどの都市にもハコがあり、仙台では40~50軒ぐらいでしょうか。長くて半年、短くて10日のペースで店を転々としながら、ホステスさん目当てにくるお客さんの前でBGM代わりに演奏する。ストリップショーの伴奏もやりましたし、ソープランド嬢の忘年会のバンドも。事前に集まりの趣旨を聞かされておらず、オーディエンスがやけになれなれしいなあと驚いた記憶があります(笑い)。現在はハコそのものがなく絶滅状態。ハコバン時代が僕の音楽スタイルを築いたのは間違いなく、書き残しておきたかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  6. 6

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る