安室奈美恵 人気絶頂20歳での電撃デキ婚

公開日:  更新日:

 翌日入籍会見が開かれた。安室は「赤ちゃんがきっかけになって『丸山奈美恵になりたい』」とSAMに逆プロポーズしたことを明かした。安室が芸能活動を1年間休止することも発表された。

 翌年5月19日に長男を無事出産。安室も活動を再開した。復帰後は教育問題やSAMの実家との確執など不仲報道も流れて、結局、02年7月に離婚。当初、親権はSAMに渡ったが、「今まで通り2人で見ていこうと思っています」と、離婚後1年間は同じマンションの上下階に住み、1週間交代で面倒を見るなど協力して子育て。05年に親権が安室に移った。

 安室は昨年末には15年ぶりのドームツアーを行うなど“歌姫”として変わらず活躍している。

◇1997年10月 6日、内海好江死去。61歳。8日、金正日が総書記就任。12日、ジョン・デンバー死去。53歳。16日、臓器移植法施行。31日、ヤクルトの吉井理人投手がFA宣言。その後NYメッツに入団。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る