「7年越しの恋」を実らせた 武豊と佐野量子の出会い

公開日:  更新日:

■1995年6月

 6月5日、京都市北白川の聖ヴィアトール教会で武豊(当時26)と佐野量子(同26)の結婚式が開かれた。かかった挙式費用は15万円。競馬界のプリンスと芸能人のカップルとは思えないほどシンプルな式だった。
「日取り、式場の選定、仲人(伊集院静・篠ひろ子夫妻)への依頼など、ほとんどを自分たちでやった手作り感満載の結婚式。やっとここまで来たなという感じでした」

 感慨深げに振り返るのは2人の行方をずっと追ってきた芸能記者。なにしろ、ゴール板に到達するまで7年もかかったロマンスだった。

 出会いは88年6月。佐野が中京競馬場にイベントのゲストとして招かれ、歌ったのが最初だった。視線が合っただけだったが、翌日も2人は顔を合わすことになる。クイズ番組でたまたま一緒になったのだ。武が「昨日、名古屋に来ていましたね」と声をかけ、2人は少しだけ話をした。だが、そこで交際が始まったわけではなかった。交際のスタートは89年12月。武の「笑っていいとも!」テレフォンショッキングへの出演がきっかけだった。翌日にバトンを渡す相手として紹介したのが佐野だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る