「7年越しの恋」を実らせた 武豊と佐野量子の出会い

公開日: 更新日:

■1995年6月

 6月5日、京都市北白川の聖ヴィアトール教会で武豊(当時26)と佐野量子(同26)の結婚式が開かれた。かかった挙式費用は15万円。競馬界のプリンスと芸能人のカップルとは思えないほどシンプルな式だった。
「日取り、式場の選定、仲人(伊集院静・篠ひろ子夫妻)への依頼など、ほとんどを自分たちでやった手作り感満載の結婚式。やっとここまで来たなという感じでした」

 感慨深げに振り返るのは2人の行方をずっと追ってきた芸能記者。なにしろ、ゴール板に到達するまで7年もかかったロマンスだった。

 出会いは88年6月。佐野が中京競馬場にイベントのゲストとして招かれ、歌ったのが最初だった。視線が合っただけだったが、翌日も2人は顔を合わすことになる。クイズ番組でたまたま一緒になったのだ。武が「昨日、名古屋に来ていましたね」と声をかけ、2人は少しだけ話をした。だが、そこで交際が始まったわけではなかった。交際のスタートは89年12月。武の「笑っていいとも!」テレフォンショッキングへの出演がきっかけだった。翌日にバトンを渡す相手として紹介したのが佐野だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る