安室奈美恵の圧倒的“価値” 引退プロジェクトは500億円超え

公開日: 更新日:

 1日発表された、日経トレンディ「2018年ヒット商品」ランキングで「安室奈美恵」が1位に輝いた。2位にはあおり運転でマストアイテム化した「ドライブレコーダー」、3位に「ペットボトルコーヒー」、4位にZOZOスーツや炎上社長・前澤友作氏でも注目を浴びた「ZOZO」、5位に声で操作する「グーグルホーム&アマゾンエコー」。並み居る強敵にも負けず堂々の1位。人物がトレンドキーワード1位になるのは「宇多田ヒカル」以来19年ぶりだ。

 勝因は“経済効果”と“感謝型コラボ”と同誌は分析。ベストアルバム「Finally」は237万枚、ラストツアーを収めたDVDは173万枚を売り上げ。沖縄コンベンションセンターで引退前日に行われたラストライブでは会場に入れないファンが音漏れを聞こうと1万人集結。また化粧品、アパレルなど限定コラボグッズは完売続出。最近では、引退当日の花火ショーを見ていた際に着用した10万円の浴衣に問い合わせが殺到。「引退プロジェクト」の経済効果は500億円超えともいわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    原巨人の来季構想 吉川尚の覚醒で坂本「三塁コンバート」

  9. 9

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る