• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

舞台よりパチンコ営業…貧すれば鈍す酒井法子に近づくヌード

<舞台よりパチンコの営業を取ったと言われても、事務所の社長さんは何も言えないでしょう>

 自身のブログで、こうつづったのは今井雅之(52)。酒井法子(42)が来年3月に上演予定の舞台「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」の出演をドタキャン。原作、脚本、演出、主演を務める今井は怒り心頭で、「自分は、彼女のコンプライアンスの問題でスポンサーの半分以上は拒否され、劇場も貸していただけない状況の中で、私は彼女との出演の約束を果たすべく相当の根回しと努力をしたのですが、理解してもらえませんでした」とも。

 今井は昨冬に上演された酒井の芸能界復帰舞台「碧空の狂詩曲」でも共演。復帰会見にも同席し、酒井の活動を親身になってサポートしてきた人物だ。今回も覚醒剤事件の影響で今なおスポンサーに嫌悪される酒井のために奔走したにもかかわらず、ドタキャンとは、怒りを通り越してむなしさが募るばかりだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る