日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お色気ムンムン 20日最終話「殺しの女王蜂」が放つ“異彩”

 10月クールの連ドラは米倉涼子主演「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)がブッちぎりで、他がかすんでいるが、異彩を放っている番組もある。お色気路線で、深夜族をクギ付けにしているドラマ24「殺しの女王蜂」(テレビ東京系)。毎週金曜深夜放送で、20日が最終回。最後に一度は見て損がないし、目の保養になるのでオススメだ。

 出演はモデルガールズの8人。舞台は無法地帯の「混沌街(カーオスタウン)」。ここの美脚の女殺し屋集団「アシナガ」が、女ボスが送っている殺人鬼らと死闘を繰り広げる。胸元が開いた衣装、スリットがバッチリ入った衣装の「アシナガ」たちが女の尻をかじる美尻フェチだの、巨乳大好きの変態だのにやられたり、やり返したりする姿がコメディータッチで描かれる。

 お楽しみはシャワーシーンだ。毎回番組の前半と後半に用意されていて、クビレがなんともそそるモデルガールズの面々を堪能できる。

 ご愛嬌は渡辺直美。スタイル抜群のモデルガールズに交じって、ミニスカート、開脚のおデブが笑かしてくれる。

 最終回をお見逃しなく――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事