三浦りさ子&キング・カズに流れた破局報道

公開日:  更新日:

■1995年10月

 46歳の今も現役を続ける日本サッカー界のキング・カズ、三浦知良。93年8月、26歳の時に設楽りさ子(当時25)と結婚して話題を振りまいた。

 出会いは86年、カズがまだ19歳の時。JAL沖縄キャンペーンガールのりさ子に一目惚れし、サッカー留学先のブラジルから一時帰国した際、共通の友人を通して「君に会わないとブラジルに帰れない!」と熱烈コールし初対面を果たした。

 ブラジルに戻ったカズとりさ子は手紙のやりとり中心の交際を続け、90年にサッカー留学を終えたカズが帰国、読売クラブに入り、本格交際がスタートした。
 ただし、田中律子がカズを「私の大切な人」と熱愛宣言して波乱も。田中がカズのマンションに出入りする姿も目撃されたこともあって、週刊誌は「カズをめぐって綱引き三角愛」と書き立てる騒ぎとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る