• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「美白の女王」鈴木その子が急死

■2000年12月

 2000年12月、当時「美白の女王」として独特なキャラクターがバラエティーなどで受け、テレビで引っ張りだこだった鈴木その子。暮れも近づいた6日夜、訃報が届き、大騒ぎとなった。68歳だった。

 6日夜、東京・浜松町の美容健康食品会社「トキノ」本社で同社の社長が会見を開いた。集まった記者たちに突然、告げられたのは同社の名誉会長を務めていた鈴木の死だった。

 彼女は風邪をこじらせて、1週間前から都内近郊の病院に入院していたが、肺炎を併発し、5日午前4時45分に帰らぬ人となった。死の前日の晩にも病室に届けられた寿司の出前を平らげ、元気な様子を見せていたというから、まさに急死であった。

 6日午前にはすでに夫や娘のほか数人の社員だけで、荼毘(だび)も密葬も終わった後。この報告に記者からは驚きの声が上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る