「美白の女王」鈴木その子が急死

公開日:  更新日:

■2000年12月

 2000年12月、当時「美白の女王」として独特なキャラクターがバラエティーなどで受け、テレビで引っ張りだこだった鈴木その子。暮れも近づいた6日夜、訃報が届き、大騒ぎとなった。68歳だった。

 6日夜、東京・浜松町の美容健康食品会社「トキノ」本社で同社の社長が会見を開いた。集まった記者たちに突然、告げられたのは同社の名誉会長を務めていた鈴木の死だった。

 彼女は風邪をこじらせて、1週間前から都内近郊の病院に入院していたが、肺炎を併発し、5日午前4時45分に帰らぬ人となった。死の前日の晩にも病室に届けられた寿司の出前を平らげ、元気な様子を見せていたというから、まさに急死であった。

 6日午前にはすでに夫や娘のほか数人の社員だけで、荼毘(だび)も密葬も終わった後。この報告に記者からは驚きの声が上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る