• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

永瀬正敏 9回目の結婚記念日に小泉今日子と離婚

■2004年2月

 83年に相米慎二監督の映画「ションベン・ライダー」でデビュー。「息子」(91年)では賞を総なめにするなど映画を中心に活躍する永瀬正敏だが、28歳の時にトップアイドルの小泉今日子(当時29)と電撃入籍し、話題を呼んだ。

 なれそめは93年5月の女性誌での対談。かねて永瀬のファンだったという小泉は「私ぐらいの年齢の人って、妙に好きですよ、永瀬さんのこと」と盛り上がった。当時2人はそれぞれ異性スキャンダルを抱えていたが、インタビュー以降は急接近。同年9月には小泉が永瀬のマンションを訪れ、車で一緒にコンビニに出かける姿がキャッチされるなど、熱愛が加速していった。もともと「コソコソした恋愛はしたくない」といい、堂々と交際を続けた。

 95年に入籍。「夫婦の日」といわれる2月22日に婚姻届を提出し、そのまま結婚発表会見が行われた。「形式的なことはやりません」と小泉。披露宴どころか、結婚式もプロポーズも、そして、新婚旅行もなしの超ジミ婚だった。会見場となった画廊では2人のプライベートショットの写真展が行われ、取材に臨む2人の後ろには手が握られる寸前の2人のアップと、それぞれの水着だけという意味深な写真が飾られていた。永瀬は「応援してくれたファンの方たちに私たちの経過を見て欲しかった」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る