日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初公判で暴かれた…元キンコメ高橋健一被告の“異常性癖”

 都内の高校に侵入し女子生徒の制服を盗んだとして、窃盗と建造物侵入の罪に問われたお笑いコンビ「キングオブコメディ」の元メンバー・高橋健一被告(44)の初公判が2日、東京地裁で開かれた。

 高橋被告は14年12月、東京・江東区の高校に侵入。女子生徒のブレザーなど44点を盗んだほか、昨年4月にも世田谷区の高校に侵入して女子生徒のブレザーなど25点を盗んだとされる。高橋被告は「間違いありません」と消え入りそうな声で起訴事実を全面的に認めた。

 高橋被告は20年ほど前から窃盗を繰り返していて「制服を見ながら自慰行為をしたり、女子高生を空想したり(していた)」と話しているという。

「公判では、制服一式を揃える目的で、上履きや靴まで盗んだことが判明。かなり重度の“JKフェチ”でした。自宅からはすでに、ポリ袋に入った制服など約600点を押収。現場ごとに袋を分けるなど異常ぶりが際立っていました。“収納先”が徐々になくなり、バレるのを恐れてか、自宅に芸人仲間を呼ぶことはなかったそうです」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事