水面下で引き受け殺到…清原容疑者「最強弁護団」結成か

公開日: 更新日:

 覚醒剤の使用容疑で23日に再逮捕された清原和博容疑者(48)。身元引受人のなり手がおらず、弁護士も決まらず、法廷闘争の行く末が不安視されている。

 ところが、ここへきて“最強弁護団”が登場する可能性が囁かれている。

「清原さんが信頼しているのは、大手弁護士事務所のA事務所とパチンコ関連会社のB社、大手芸能事務所のC社だけ。ただ、A事務所は、留置場にいる清原さんとやりとりしているといわれますが、企業法務が専門で刑事事件はほとんど手掛けていない。かつて清原さんがマネジメントをしてもらっていたB社も、今は無関係です。C社も手を差し伸べる理由はないでしょう。3者とも、清原さんに弁護士を紹介する可能性は低いとみられます」(メディア関係者)

 本紙はA事務所に問い合わせたが、「一切コメントできない」(広報担当者)と口を閉ざす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る