日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

水面下で引き受け殺到…清原容疑者「最強弁護団」結成か

 覚醒剤の使用容疑で23日に再逮捕された清原和博容疑者(48)。身元引受人のなり手がおらず、弁護士も決まらず、法廷闘争の行く末が不安視されている。

 ところが、ここへきて“最強弁護団”が登場する可能性が囁かれている。

「清原さんが信頼しているのは、大手弁護士事務所のA事務所とパチンコ関連会社のB社、大手芸能事務所のC社だけ。ただ、A事務所は、留置場にいる清原さんとやりとりしているといわれますが、企業法務が専門で刑事事件はほとんど手掛けていない。かつて清原さんがマネジメントをしてもらっていたB社も、今は無関係です。C社も手を差し伸べる理由はないでしょう。3者とも、清原さんに弁護士を紹介する可能性は低いとみられます」(メディア関係者)

 本紙はA事務所に問い合わせたが、「一切コメントできない」(広報担当者)と口を閉ざす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事