本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

「女の顔は胸から上のこと」巨乳時代は平成から始まった

公開日: 更新日:

 つい4日前、73歳になったばかりの野田義治はみずからの航路を振り返り、自問した。

「人間の運不運ってやつはあるのだろうか? おまえの運が強かったか弱かったかはわからんが、人の運ってやつは信じられる気がするよ。少なくともおまえが付き合ってきた相手の運というものを信じるよ。たいした金儲けはできなかったけれど、今までおれが付き合ってきた人によって、この業界(芸能界)で長生きさせてもらったり、どん底のときに助けてもらったり。自分には運がないと嘆きたくなったときでも、やっぱり付き合ってきた相手の運をもらってなんとか生き延びたんじゃないだろうか。特におれのように女性タレントを発掘してマネジメントするとき、巡り合いというのは決定的なものなのだから」

 平成は巨乳の時代だった。

 野田義治率いるイエローキャブに集ったタレントたち。堀江しのぶに始まり、かとうれいこ、細川ふみえ、雛形あきこ、山田まりや、小池栄子、佐藤江梨子、MEGUMI、根本はるみ……。巨乳を共通項とした彼女たちは、グラビア、写真集、テレビを制覇していく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  7. 7

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る