本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

「女の顔は胸から上のこと」巨乳時代は平成から始まった

公開日: 更新日:

 つい4日前、73歳になったばかりの野田義治はみずからの航路を振り返り、自問した。

「人間の運不運ってやつはあるのだろうか? おまえの運が強かったか弱かったかはわからんが、人の運ってやつは信じられる気がするよ。少なくともおまえが付き合ってきた相手の運というものを信じるよ。たいした金儲けはできなかったけれど、今までおれが付き合ってきた人によって、この業界(芸能界)で長生きさせてもらったり、どん底のときに助けてもらったり。自分には運がないと嘆きたくなったときでも、やっぱり付き合ってきた相手の運をもらってなんとか生き延びたんじゃないだろうか。特におれのように女性タレントを発掘してマネジメントするとき、巡り合いというのは決定的なものなのだから」

 平成は巨乳の時代だった。

 野田義治率いるイエローキャブに集ったタレントたち。堀江しのぶに始まり、かとうれいこ、細川ふみえ雛形あきこ山田まりや小池栄子佐藤江梨子、MEGUMI、根本はるみ……。巨乳を共通項とした彼女たちは、グラビア、写真集、テレビを制覇していく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る