二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

腰掛けにあらず 熊田曜子が示した「生涯グラドル」の矜恃

公開日: 更新日:

 通称「グラドル(グラビアアイドル)」を世間に広めたのは80年代の野田義治氏率いる“イエローキャブ”だった。細川ふみえ(45)や小池栄子(36)といった「巨乳軍団」を次々に世に送り出し、一世を風靡した。それまで雑誌のグラビアを飾っていたセクシー系のタレントや女優たちから、無名の女の子が陣取り合戦のごとく入り込んでいった。

「グラビアに出ているうちは芸能人ではない。水着で突き出した巨乳やお尻を見せて男性に顔と名前を覚えさせ認知させたら、洋服を着せてしゃべらせタレント活動に転じる」という野田氏が編み出した新たなタレント育成法だった。その後もほしのあき(40)や小倉優子(33)といったコケティッシュ系も出てきて群雄割拠の時期もあったが、グラビアはあくまでも芸能人になるための手段に過ぎない。やがて卒業していく。“モー娘。”や“AKB48”のメンバーが卒業してタレント活動するのと同じ原理だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  3. 3

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

  9. 8

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  10. 9

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  11. 10

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

もっと見る