• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

佐藤江梨子の“でき婚”で見えたグラドルの「仕事と結婚」

「グラドル」と呼ばれた子も今では大半が結婚している。「サトエリ」の愛称で親しまれた佐藤江梨子(33)も外国人男性との“でき婚”を発表した。

 サトエリはグラビア全盛時代の象徴的な子だった。野田義治社長(68)が代表だった時代の「イエローキャブ」の事務所で何度か会った。野田社長がつくり上げた「巨乳ブーム」の真っただ中に現れたサトエリは173センチの長身。細く長い脚はミニをはくためにあるようにセクシーだった。それでも胸もお尻も出るところは出ている。かとうれいこ(45)や細川ふみえ(43)ら先輩とは違う、規格外のプロポーション。アンニュイな話し方は掴みどころがなく、流行語にもなった「新人類」という印象が強い。グラビアブームに乗り、サトエリもたちまち注目された。

「グラドルは世間に認知させることが主目的。本当の芸能活動は認知させた後、服を着せてから」という野田社長の戦略でもあった。従来の芸能界は、芝居や歌を勉強してからデビュー。芸を認知させることで顔と名前を覚えさせる。最近、注目度が増す脇役などその典型だろう。グラドルはその逆をいったのだが――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る