佐藤江梨子の“でき婚”で見えたグラドルの「仕事と結婚」

公開日: 更新日:

「グラドル」と呼ばれた子も今では大半が結婚している。「サトエリ」の愛称で親しまれた佐藤江梨子(33)も外国人男性との“でき婚”を発表した。

 サトエリはグラビア全盛時代の象徴的な子だった。野田義治社長(68)が代表だった時代の「イエローキャブ」の事務所で何度か会った。野田社長がつくり上げた「巨乳ブーム」の真っただ中に現れたサトエリは173センチの長身。細く長い脚はミニをはくためにあるようにセクシーだった。それでも胸もお尻も出るところは出ている。かとうれいこ(45)や細川ふみえ(43)ら先輩とは違う、規格外のプロポーション。アンニュイな話し方は掴みどころがなく、流行語にもなった「新人類」という印象が強い。グラビアブームに乗り、サトエリもたちまち注目された。

「グラドルは世間に認知させることが主目的。本当の芸能活動は認知させた後、服を着せてから」という野田社長の戦略でもあった。従来の芸能界は、芝居や歌を勉強してからデビュー。芸を認知させることで顔と名前を覚えさせる。最近、注目度が増す脇役などその典型だろう。グラドルはその逆をいったのだが――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  5. 5

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  6. 6

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  7. 7

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  8. 8

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

もっと見る