スキルス性胃がん 堀江しのぶ 23歳で急逝

公開日: 更新日:

<1988年9月>

 83年にクラリオンガールコンテストで野田義治が発掘し、イエローキャブ所属の実質的な第1号タレントで、明るい笑顔に90センチのバストと健康的な色気を振りまき人気だった堀江しのぶ。スキルス性胃がんにより23歳の若さで急逝したのは88年9月のこと。

 しかし、同年4月のがん発覚直後は堀江に病名を知られないよう、病院側が「ダイエットによる卵巣のう腫」と発表したため、マスコミ報道が混乱する騒ぎも起きた。

 週5本のレギュラー番組を抱え大活躍だった堀江が、ドラマ収録後に体調不良を訴え、病院で診察を受けたのは88年4月8日のこと。病名は卵巣のう腫と発表され翌9日に緊急入院、その後、片方の卵巣を摘出する手術が行われた。退院予定は5月の連休明けで、順調に回復すれば6月末に復帰との見通しも出された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る