スキルス性胃がん 堀江しのぶ 23歳で急逝

公開日: 更新日:

<1988年9月>

 83年にクラリオンガールコンテストで野田義治が発掘し、イエローキャブ所属の実質的な第1号タレントで、明るい笑顔に90センチのバストと健康的な色気を振りまき人気だった堀江しのぶ。スキルス性胃がんにより23歳の若さで急逝したのは88年9月のこと。

 しかし、同年4月のがん発覚直後は堀江に病名を知られないよう、病院側が「ダイエットによる卵巣のう腫」と発表したため、マスコミ報道が混乱する騒ぎも起きた。

 週5本のレギュラー番組を抱え大活躍だった堀江が、ドラマ収録後に体調不良を訴え、病院で診察を受けたのは88年4月8日のこと。病名は卵巣のう腫と発表され翌9日に緊急入院、その後、片方の卵巣を摘出する手術が行われた。退院予定は5月の連休明けで、順調に回復すれば6月末に復帰との見通しも出された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  7. 7

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  8. 8

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  9. 9

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  10. 10

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

もっと見る