• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スキルス性胃がん 堀江しのぶ 23歳で急逝

<1988年9月>

 83年にクラリオンガールコンテストで野田義治が発掘し、イエローキャブ所属の実質的な第1号タレントで、明るい笑顔に90センチのバストと健康的な色気を振りまき人気だった堀江しのぶ。スキルス性胃がんにより23歳の若さで急逝したのは88年9月のこと。

 しかし、同年4月のがん発覚直後は堀江に病名を知られないよう、病院側が「ダイエットによる卵巣のう腫」と発表したため、マスコミ報道が混乱する騒ぎも起きた。

 週5本のレギュラー番組を抱え大活躍だった堀江が、ドラマ収録後に体調不良を訴え、病院で診察を受けたのは88年4月8日のこと。病名は卵巣のう腫と発表され翌9日に緊急入院、その後、片方の卵巣を摘出する手術が行われた。退院予定は5月の連休明けで、順調に回復すれば6月末に復帰との見通しも出された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る