スキルス性胃がん 堀江しのぶ 23歳で急逝

公開日: 更新日:

<1988年9月>

 83年にクラリオンガールコンテストで野田義治が発掘し、イエローキャブ所属の実質的な第1号タレントで、明るい笑顔に90センチのバストと健康的な色気を振りまき人気だった堀江しのぶ。スキルス性胃がんにより23歳の若さで急逝したのは88年9月のこと。

 しかし、同年4月のがん発覚直後は堀江に病名を知られないよう、病院側が「ダイエットによる卵巣のう腫」と発表したため、マスコミ報道が混乱する騒ぎも起きた。

 週5本のレギュラー番組を抱え大活躍だった堀江が、ドラマ収録後に体調不良を訴え、病院で診察を受けたのは88年4月8日のこと。病名は卵巣のう腫と発表され翌9日に緊急入院、その後、片方の卵巣を摘出する手術が行われた。退院予定は5月の連休明けで、順調に回復すれば6月末に復帰との見通しも出された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  7. 7

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  8. 8

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

もっと見る