瀧被告にツイート連打「渦中の人物」石野卓球の“胸の内”

公開日: 更新日:

 ピエール瀧被告(51)の相方、電気グルーヴの石野卓球(51)の“つぶやき”が話題になっている。

 瀧被告が逮捕された直後は謝罪は一切なく「だとよ」と一言。石野は逮捕直後に渡欧、ネット上では「海外逃亡」と批判されたが「アホか! しばらく仕事キャンセルになってんのに日本にいる必要ある?」と返した。フォロワーからMDMAが好きなだけで謝らなきゃいけないのはどうか、という質問に「コカインです」と返し、「今日でツイッターやめます」とつぶやいたと思ったら18分後には再開。

 “ピエール叩き”に躍起になっているワイドショーを「猥奴ショー」と斬り、保釈が決定すると、「えー!? 死刑じゃないの?」「早く瀧に会いたいなー」とつぶやいた。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「渦中の人物でありながら、海外からいちばん俯瞰で成り行きを見ているのが石野さんです。遡ってSNSを見ると、キャラが全くブレていないし、SNSでどうやれば炎上するか分かっていながら上手にさばき、ピエール瀧さんの戻る場所をあたためて待っている。奇行というよりむしろ、長年連れ添った瀧さんへの愛を感じます」

 待ってくれている相棒がいる瀧被告は幸せ者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  4. 4

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る