ピエール瀧作品に新たな動き…ガイドラインなき自粛の行方

公開日: 更新日:

 コカインを使ったとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕起訴された、ミュージシャンで俳優のピエール瀧被告(51)。出演作品の公開取りやめや撮り直しなどが相次いでいるが、新たな動きがあるという。

 依存症者の家族や研究者らでつくる団体「依存症問題の正しい報道を求めるネットワーク」は3月25日付で、大河ドラマいだてん」の撮り直しと過去作品の配信を取りやめたNHKなど5社に対し、自粛などの撤回を求める要望書を提出。

「すでに決定事項。そう簡単に撤回されることはない」(テレビ局関係者)というが、出演者個人の犯罪で作品全体が被る影響は計り知れない。

 お蔵入りや撮り直しについての線引きや業界のガイドラインがあるわけではないが、映画「麻雀放浪記2020」は再撮影することなく公開を決定。それに追随する動きもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る