ピエール瀧作品に新たな動き…ガイドラインなき自粛の行方

公開日: 更新日:

 コカインを使ったとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕起訴された、ミュージシャンで俳優のピエール瀧被告(51)。出演作品の公開取りやめや撮り直しなどが相次いでいるが、新たな動きがあるという。

 依存症者の家族や研究者らでつくる団体「依存症問題の正しい報道を求めるネットワーク」は3月25日付で、大河ドラマ「いだてん」の撮り直しと過去作品の配信を取りやめたNHKなど5社に対し、自粛などの撤回を求める要望書を提出。

「すでに決定事項。そう簡単に撤回されることはない」(テレビ局関係者)というが、出演者個人の犯罪で作品全体が被る影響は計り知れない。

 お蔵入りや撮り直しについての線引きや業界のガイドラインがあるわけではないが、映画「麻雀放浪記2020」は再撮影することなく公開を決定。それに追随する動きもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る