イバラ道待つピエール瀧を“拾う神”は家族かファンか音楽か

公開日: 更新日:

「湾岸署の前で取材していましたが、精神的に追い詰められて深く反省している様子が見て取れました。一言一言噛みしめるような謝罪の言葉が印象的でした」(ジャーナリスト・中村竜太郎氏)

 コカインを使用したとして麻薬取締法違反の罪で起訴された俳優でミュージシャンのピエール瀧(51=本名・瀧正則)被告が4日午後7時過ぎに留置先の警視庁東京湾岸署から保釈された。保釈保証金は400万円。23日ぶりに姿を見せた瀧被告は「このたびは私、ピエール瀧の反社会的な行為により、たいへん多くの皆さま方にご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。誠に申し訳ございませんでした」と話すと深々と頭を下げ、迎えの車に乗り込んだ。

 瀧被告は3月12日に麻薬取締部に逮捕され、2日に起訴。同日、所属するソニー・ミュージックアーティスツも解雇されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  7. 7

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る