イバラ道待つピエール瀧を“拾う神”は家族かファンか音楽か

公開日: 更新日:

「湾岸署の前で取材していましたが、精神的に追い詰められて深く反省している様子が見て取れました。一言一言噛みしめるような謝罪の言葉が印象的でした」(ジャーナリスト・中村竜太郎氏)

 コカインを使用したとして麻薬取締法違反の罪で起訴された俳優でミュージシャンのピエール瀧(51=本名・瀧正則)被告が4日午後7時過ぎに留置先の警視庁東京湾岸署から保釈された。保釈保証金は400万円。23日ぶりに姿を見せた瀧被告は「このたびは私、ピエール瀧の反社会的な行為により、たいへん多くの皆さま方にご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。誠に申し訳ございませんでした」と話すと深々と頭を下げ、迎えの車に乗り込んだ。

 瀧被告は3月12日に麻薬取締部に逮捕され、2日に起訴。同日、所属するソニー・ミュージックアーティスツも解雇されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る