逮捕から23日ぶり保釈…ピエール瀧を待つ巨額賠償地獄

公開日: 更新日:

 コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪で起訴されたピエール瀧被告(本名・瀧正則)(51)が4日、留置先の警視庁東京湾岸署から保釈された。瀧被告は3日に東京地裁に保釈を請求し、4日に認められていた。保釈金は400万円。

 黒いスーツに白シャツのピエール瀧被告は同署前で、「このたびは私、ピエール瀧の反社会的行為により、多くのみなさまにご迷惑と心配をおかけしました。誠に申し訳ございませんでした」と、集まった報道陣に30秒近く頭を下げ続けた。

 所属事務所の「ソニー・ミュージックアーティスツ」は2日夜に瀧被告とのマネジメント契約解除を発表。逮捕から23日ぶりぶりに“シャバ”に出てきた瀧被告を待ち受けるものは何か――。

「東京湾岸署から保釈されたら、瀧被告の居場所を特定したいマスコミと瀧被告サイドで熾烈な取材合戦がことになるでしょう。パターンとしては酒井法子やASKAの保釈の時とほぼ一緒です。しばらくは“治療”などの名目でホテルや病院で安静にするはずです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る