本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

朝丘雪路ご本人は自分の巨乳ぶりをなんとも言ってなかった

公開日: 更新日:

「雪会さん(朝丘雪路の本名)はものすごいプロフェッショナルなんです」

 夏木マリ・いしだあゆみといった芸能界の大物スターたちのマネジャーを務めてきたわれらが野田義治。 

 いしだあゆみが萩原健一と結婚した1980年春、7年間務め上げたマネジャーを終了し、黒沢明監督の息子・久雄とともに芸能プロダクションを立ち上げようとしたところ、渋谷ビデオスタジオで津川雅彦から声をかけられ、妻の朝丘雪路のマネジャーを依頼された。

 今度も大物である。父は日本画家の伊東深水。幼いころから溺愛されて育つ。宝塚歌劇団月組娘役出身、女優だけではなく、歌手としても紅白歌合戦10回出場、「夜のヒットスタジオ」「11PM」では番組司会業もこなす。

「それで僕がマネジャーをすることになったんですけど、俳優さんたちの世界と違ってあの方は日本舞踊とか歌舞伎とかそっちのほうの舞台をやられてるでしょう。そうするとタニマチがいる、後援会がいる、そういう人たちが周りにどさっといるんですよ。そこに入っていかなきゃいけないでしょ。これが大変だったですね。だから津川さんも、そういうことから逃れたくて、“野田、おまえやってくれ”って言われたと思うんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る