本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

脱がせようとする悪いカメラマンを嗅ぎ分ける「直感力」

公開日: 更新日:

「ハワイのホテルでMEGUMIを撮っていたの、写真集の。ランジェリー撮ってて、なんか透けて見えるのかなっていうようなやつがあったわけ」

 野田義治とともにタッグを組み、巨乳ブームを生み出したカメラマン山岸伸が回想する。

「そしたらバーン! と勢いよくドアが開いてさっきまでロケハンしていたはずの野田さんが、“なんだこれ!? って怒鳴るの。透けて見えてるじゃねえか!”って。それでそのランジェリーNG。そういうのすごい早いのよ。勘だね。何かああいうときにさっと飛んでくる」

 自分が抱えるタレントたちのことは、自分が一番よく知ってるし、いざとなったら真っ先に自分が守ってやらなければならない。巨乳マイスター野田義治は常にそう思っている。

 国内で雛形あきこを撮っているとき――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  6. 6

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  7. 7

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  8. 8

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  9. 9

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  10. 10

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

もっと見る