本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

水着をイヤがるかとうれいこをカメラマンの横で野田が撮影

公開日: 更新日:

「僕がかとうれいこを正面から撮って、野田さんが脇から撮る」

 ハワイロケのとき、カメラマン山岸伸がかとうれいこを撮ると、脇から事務所社長の野田義治がカメラをかまえてしきりにシャッターを押しだした。

「なんで野田さんが脇からかとうれいこを撮るのかというと、やっぱり(かとう)れいこは水着をイヤがるから、短い時間にたくさん撮らなきゃいけないの。野田さんは売り出しのとき、たくさんの雑誌に載せたいから、たくさん撮りたい。れいこはイヤだって言っても、野田さんは撮ってるわけよ。当時、野田さんは売れてなんぼだからっていうやり方だった」

 ひとつの現場にカメラマンが2人、同じ被写体を写す。前代未聞である。

 黒沢明監督作品「影武者」で、以前から相思相愛の思いをいだいてきた勝新太郎がついに主演することになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る