栃木県大田原市 松尾芭蕉が愛した黒羽の魅力と歴史を辿る

公開日:

 元禄2(1689)年に江戸を出発した俳人・松尾芭蕉が、最も長く滞在したのが黒羽(栃木県大田原市)だった。芭蕉は門弟の家に宿泊し、重箱に食べ物を入れて外に出かけ、地元の人たちと歌仙を巻いたという。

 芭蕉が黒羽に滞在したのは、13泊14日に及んだ。なぜそれほど長くいたのか、理由はハッキリしないが、「ふるさとを知る会」の直箟浩子さんは、「雨が多かったのでゆっくりしたのだろうともいわれていますが、地元の人たちとの交流を楽しみ、おもてなしに感激していたのではないかと思います」と言う。滞在中は多くの句も詠んでいて、それらは同地の寺社などに句碑として残っている。

 そんな芭蕉に関する史料や文献をそろえるのが「黒羽芭蕉の館」。入り口には馬に乗る芭蕉と弟子の曽良のブロンズ像があり、当時の雰囲気を伝えている。館内には、おくのほそ道の行程を記した列島の模型もあり、2年に及ぶ旅に思いをはせる観光客も少なくない。

 隣接する遊歩道の「芭蕉の道」には、惜別の情を込めて詠んだとされる「行春や鳥啼き魚の目は泪」などの句碑が建てられている。時間を気にせずぶらぶらと散策すると、思わぬアイデアが浮かんでくるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る