栃木県大田原市 松尾芭蕉が愛した黒羽の魅力と歴史を辿る

公開日: 更新日:

 元禄2(1689)年に江戸を出発した俳人・松尾芭蕉が、最も長く滞在したのが黒羽(栃木県大田原市)だった。芭蕉は門弟の家に宿泊し、重箱に食べ物を入れて外に出かけ、地元の人たちと歌仙を巻いたという。

 芭蕉が黒羽に滞在したのは、13泊14日に及んだ。なぜそれほど長くいたのか、理由はハッキリしないが、「ふるさとを知る会」の直箟浩子さんは、「雨が多かったのでゆっくりしたのだろうともいわれていますが、地元の人たちとの交流を楽しみ、おもてなしに感激していたのではないかと思います」と言う。滞在中は多くの句も詠んでいて、それらは同地の寺社などに句碑として残っている。

 そんな芭蕉に関する史料や文献をそろえるのが「黒羽芭蕉の館」。入り口には馬に乗る芭蕉と弟子の曽良のブロンズ像があり、当時の雰囲気を伝えている。館内には、おくのほそ道の行程を記した列島の模型もあり、2年に及ぶ旅に思いをはせる観光客も少なくない。

 隣接する遊歩道の「芭蕉の道」には、惜別の情を込めて詠んだとされる「行春や鳥啼き魚の目は泪」などの句碑が建てられている。時間を気にせずぶらぶらと散策すると、思わぬアイデアが浮かんでくるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る