栃木県大田原市 松尾芭蕉が愛した黒羽の魅力と歴史を辿る

公開日:

 元禄2(1689)年に江戸を出発した俳人・松尾芭蕉が、最も長く滞在したのが黒羽(栃木県大田原市)だった。芭蕉は門弟の家に宿泊し、重箱に食べ物を入れて外に出かけ、地元の人たちと歌仙を巻いたという。

 芭蕉が黒羽に滞在したのは、13泊14日に及んだ。なぜそれほど長くいたのか、理由はハッキリしないが、「ふるさとを知る会」の直箟浩子さんは、「雨が多かったのでゆっくりしたのだろうともいわれていますが、地元の人たちとの交流を楽しみ、おもてなしに感激していたのではないかと思います」と言う。滞在中は多くの句も詠んでいて、それらは同地の寺社などに句碑として残っている。

 そんな芭蕉に関する史料や文献をそろえるのが「黒羽芭蕉の館」。入り口には馬に乗る芭蕉と弟子の曽良のブロンズ像があり、当時の雰囲気を伝えている。館内には、おくのほそ道の行程を記した列島の模型もあり、2年に及ぶ旅に思いをはせる観光客も少なくない。

 隣接する遊歩道の「芭蕉の道」には、惜別の情を込めて詠んだとされる「行春や鳥啼き魚の目は泪」などの句碑が建てられている。時間を気にせずぶらぶらと散策すると、思わぬアイデアが浮かんでくるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る