進化する商業都市ドバイの伝統エリアを散策

公開日: 更新日:

 とどまることなく進化し続けるドバイ。高さ世界一の高層ビルや超高級ホテル、巨大モールが建設され、世界的な観光都市となっている。一度は行ってみたかったアラビア半島最大の商業都市に出かけた。

 まずは、新旧ドバイの街の双方を高さ150メートルから眺めることができる「ドバイフレーム」に向かう。巨大なゴールドの額縁は、その奇形ゆえに「なんじゃこれ?」と呆気にとられる。

 ほかの観光客と一緒にエレベーターで展望フロアへ。額縁の上部は両サイドがガラス張りで、片側は近代ドバイ、もう一方は歴史ある旧ドバイが見渡せる。床がクリスタル製で透き通っているところもあり、額縁の真下を見ながら歩くこともできるが、怖いのなんの。高所恐怖症の人にはオススメできないかも。

 エレベーターで地上フロアに戻ると、突然、巨大スクリーンが現れて、3Dの映像ショーが始まった。映し出されるのは、近未来のドバイ。そこでは車が街の空中を飛んでいるなんてことは序の口で、火星へのロケット打ち上げから宇宙での快適生活まで、臨場感たっぷりで表現されている。最先端テクノロジーも集まるドバイでは、映像に映し出された姿は、夢ではなく本気なのだ。

 料金は1人50UAEディルハム(AED)=約1500円、60歳以上は無料。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る