進化する商業都市ドバイの伝統エリアを散策

公開日: 更新日:

 とどまることなく進化し続けるドバイ。高さ世界一の高層ビルや超高級ホテル、巨大モールが建設され、世界的な観光都市となっている。一度は行ってみたかったアラビア半島最大の商業都市に出かけた。

 まずは、新旧ドバイの街の双方を高さ150メートルから眺めることができる「ドバイフレーム」に向かう。巨大なゴールドの額縁は、その奇形ゆえに「なんじゃこれ?」と呆気にとられる。

 ほかの観光客と一緒にエレベーターで展望フロアへ。額縁の上部は両サイドがガラス張りで、片側は近代ドバイ、もう一方は歴史ある旧ドバイが見渡せる。床がクリスタル製で透き通っているところもあり、額縁の真下を見ながら歩くこともできるが、怖いのなんの。高所恐怖症の人にはオススメできないかも。

 エレベーターで地上フロアに戻ると、突然、巨大スクリーンが現れて、3Dの映像ショーが始まった。映し出されるのは、近未来のドバイ。そこでは車が街の空中を飛んでいるなんてことは序の口で、火星へのロケット打ち上げから宇宙での快適生活まで、臨場感たっぷりで表現されている。最先端テクノロジーも集まるドバイでは、映像に映し出された姿は、夢ではなく本気なのだ。

 料金は1人50UAEディルハム(AED)=約1500円、60歳以上は無料。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  10. 10

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

もっと見る