進化する商業都市ドバイの伝統エリアを散策

公開日:

 とどまることなく進化し続けるドバイ。高さ世界一の高層ビルや超高級ホテル、巨大モールが建設され、世界的な観光都市となっている。一度は行ってみたかったアラビア半島最大の商業都市に出かけた。

 まずは、新旧ドバイの街の双方を高さ150メートルから眺めることができる「ドバイフレーム」に向かう。巨大なゴールドの額縁は、その奇形ゆえに「なんじゃこれ?」と呆気にとられる。

 ほかの観光客と一緒にエレベーターで展望フロアへ。額縁の上部は両サイドがガラス張りで、片側は近代ドバイ、もう一方は歴史ある旧ドバイが見渡せる。床がクリスタル製で透き通っているところもあり、額縁の真下を見ながら歩くこともできるが、怖いのなんの。高所恐怖症の人にはオススメできないかも。

 エレベーターで地上フロアに戻ると、突然、巨大スクリーンが現れて、3Dの映像ショーが始まった。映し出されるのは、近未来のドバイ。そこでは車が街の空中を飛んでいるなんてことは序の口で、火星へのロケット打ち上げから宇宙での快適生活まで、臨場感たっぷりで表現されている。最先端テクノロジーも集まるドバイでは、映像に映し出された姿は、夢ではなく本気なのだ。

 料金は1人50UAEディルハム(AED)=約1500円、60歳以上は無料。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る