• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長崎県穴場スポット 波佐見&東彼杵で陶器とお茶を楽しむ

 長崎県は観光資源が豊富だ。県内には、それほど知られていない穴場スポットがめじろ押しである。県央部にあり佐賀県とも接する波佐見町と大村湾に面した東彼杵町も、そんな場所。意外な魅力にあふれていた。

【波佐見】

 400年の伝統を持つ全国屈指の“やきものの町”で、近年になって人気が急上昇しているのが「波佐見焼」だ。「特徴がないのが特徴」と言われるが、それゆえに現代のシンプル志向にマッチしている。「カジュアルでおしゃれな生活食器」としてブランドが確立してきた。

 そんな波佐見焼も、十数年前まではほとんど無名。なぜなら伊万里焼や有田焼の名で売られていたから。「そんなん、いかん」ということで、波佐見焼を地域ブランドとして立ち上げたのが、児玉盛介・波佐見焼振興会会長だ。

 その活動が評価され、昨年「九州経済産業局長表彰」を受賞した児玉さんは、波佐見焼を全国へ広める一方、地元ではテーマパークのような新たな観光スポットを「西の原」(http://24nohara.jp)に誕生させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る