海外から人気の山中湖畔にはペットと遊べるスポットが充実

公開日:

 都心から車でおよそ90分、中京圏や関西地方からの旅行者も多い山中湖は、富士五湖(山中湖・河口湖・本栖湖・精進湖・西湖)のなかで最も富士山に近い高原の湖だ。その周辺は、ペットと泊まれる施設や遊べるスポットが豊富。豊かな自然に囲まれたロケーションで、四季折々の風景を一緒に楽しむことができる。

 今回は、都心から山中湖畔を目指しながら、その途中で山梨県の富士吉田市と南都留郡に立ち寄った。

 最初に訪れたのは富士吉田市の「新倉山浅間公園」。新倉山の中腹にあり、富士吉田市街と雄大な富士山を一望できるうえ、戦没者慰霊のために設けられた五重塔(忠霊塔)があり、春になれば咲き誇る桜を満喫できる。日本を代表する3つの風景を一度に眺められるスポットだ。

 海外ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」の表紙を飾ったこともあり、海外からの旅行者には知られた場所。特にタイでの注目度が高く、教科書で取り上げられているほか、在東京タイ王国大使館もホームページのトップ画面に掲載している。実際にタイ人らしき観光客が多く、日本人はほとんど見当たらなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る