中学受験とお金<中>“学校の良し悪し”は説明会で判断できる

公開日: 更新日:

 昨今、中学受験で志望校を検討する際、系列高校の「大学進学実績」より「学校説明会」が重視される傾向にあるという。そのため、説明会に力を入れていない学校は、伝統校でも人気低下が著しい。

「都内のある私立中学校は都立高校で進学実績を上げた校長先生をスカウトしました。カリキュラムや指導が丁寧になったことで人気になり、ここ数年で、40から60に偏差値が上がっています。説明会で校長のやる気、教育の特色を打ち出す学校は受験者数が増えている傾向にあります。逆に、こうしたことに消極的で、最近重要視されている『グローバル』『英語』『サイエンス』を打ち出していないところは、伝統校でも軒並み偏差値が下がり、定員割れしているところも少なくありません」(塾ソムリエで、プロ家庭教師集団「名門指導会」代表・西村則康さん)

 私立中学を受験する際は中学の学費だけでなく、「受験期間~中学校~高校~大学」と長期戦で見ないと家計破綻を招く恐れがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る