中学受験とお金<中>“学校の良し悪し”は説明会で判断できる

公開日: 更新日:

 昨今、中学受験で志望校を検討する際、系列高校の「大学進学実績」より「学校説明会」が重視される傾向にあるという。そのため、説明会に力を入れていない学校は、伝統校でも人気低下が著しい。

「都内のある私立中学校は都立高校で進学実績を上げた校長先生をスカウトしました。カリキュラムや指導が丁寧になったことで人気になり、ここ数年で、40から60に偏差値が上がっています。説明会で校長のやる気、教育の特色を打ち出す学校は受験者数が増えている傾向にあります。逆に、こうしたことに消極的で、最近重要視されている『グローバル』『英語』『サイエンス』を打ち出していないところは、伝統校でも軒並み偏差値が下がり、定員割れしているところも少なくありません」(塾ソムリエで、プロ家庭教師集団「名門指導会」代表・西村則康さん)

 私立中学を受験する際は中学の学費だけでなく、「受験期間~中学校~高校~大学」と長期戦で見ないと家計破綻を招く恐れがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る