「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

公開日: 更新日:

 “タワーマンションの高層階で暮らす子供は、中学受験でつまずきやすい”というのが、プロ家庭教師集団「名門指導会」代表の西村則康さんの見立てだ。高層階特有の季節と自然が感じられない空間が、子供の発育や学びに悪影響を及ぼしているという。では、高層階で暮らしている場合、対策のしようはないのか。

「本音では、『中学受験が終わるまでタワマンの部屋を賃貸に出し、一戸建てか低層階を借りてください』とお願いしたいところですが、そうもいかないでしょう。ですから、なるべくお子さんを外に連れ出して自然の中で過ごしてください。特に幼少期から小学校低学年までが大切です。難問を解くカギは、“身体感覚”が大切です。それは自然の中だけでなく、音楽や芸術に触れることでも育まれます」

 自然豊かな公園だけでなく、動物園や博物館に連れていくこともいい刺激になる。こうした体験学習は受験に直結しないと敬遠する親が少なくないが、むしろその逆だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る