提唱者が解説 「旅育」で養う子供の生きる力と親子の絆

公開日:

 食育をはじめ、名詞に「育」をつけた言葉が目立つ。「旅育」は、その名の通り旅を子供の発育に生かそうという取り組みだ。要は「かわいい子には旅をさせよ」ということだが、単に旅をさせればいいのか。

「旅は普段と違う環境で新しい体験をする絶好のチャンスです。いつもの旅も、親のちょっとした関わり方で、子供の脳が刺激され、自立心や感受性、考える力や行動力が鍛えられます」

 こう言うのは、旅行ジャーナリストの村田和子氏。現在高校生になる愛息との旅の経験をもとに、「親子の旅育メソッド」を2013年に提唱。それをわかりやすくまとめた「家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ 旅育BOOK」(日本実業出版社)が今年6月に発売され、教育熱心な親の間で話題だ。

「旅の場所よりも何をするかが大切。子供の自己肯定力、コミュニケーション力、知恵、そして親子の絆を育めるように、旅の前後にひと手間を加えるのがポイントです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る