池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

スーツ時代の終焉か…三井住友銀行「服装自由化」の行方

公開日: 更新日:

 三井住友銀行が内勤中心の本店行員に限り、一年中、自由な服装で出勤できることを規定したことがニュースで報じられた。おそらく他の都市銀行、続いて大手企業も追随するだろう。となると、いよいよもって、ビジネススタイル=スーツの時代は終焉を迎えるのかもしれない。

 すでにITやベンチャーなど若い企業では、社長以下、カジュアルスタイルは珍しくない。

 若い社員が新しい発想の事業構想を推し進め、気心知れた仲間たちと自由闊達な意見を交わす場に「お堅い正装」は不要ともいえる。もちろんクライアント先へ赴くときや来客時などは、ジャケットスタイル、仕事のミスを謝罪しに行く場合は、スーツにネクタイというように、TPOに合わせて服装を着分けているはずだ。

 しかし、旧態依然とした金融業界で、「カジュアル出社」は、どこまで浸透するのか。服に気を使う若い行員はともかく、昭和、バブル時代を知る上司たちは、おそらく頑張ってもゴルフウエアだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る