池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

“正装”はポケットなし ワイシャツ1枚で印象は変えられる

公開日: 更新日:

 ワイシャツ1枚のシンプルなノータイビジネスマンでも、どこかドレス感を漂わせる人と、カジュアルな雰囲気の人がいる。立ち居振る舞いではなく、服装からそう感じるのは、ワイシャツのデザインが影響しているからだ。ひとつはポケットの有無だ。昼休みの外出時などIDカードをしまうのに便利なポケットも、あるとないとでは印象が変わる。ポケット付きワイシャツは確かに便利だが、どことなく“働く男”感が否めない。

 対して、ポケットなしのワイシャツは正装としてのドレス感があり、どことなく品格と礼節のための服装に見える。フォーマル用のシャツにポケットがないことがその証しだ。普段の営業などではともかく、大切な顧客を迎える席や、礼節と品格を重んじる場に参じるならば、ポケット付きワイシャツは遠慮したほうが礼節をわきまえている印象を演出できる。

 もうひとつは「前立て」の有無だ。ボタンホールが縦に並んでいる箇所のことを「前立て(プラケット)」と呼ぶ。ここを表側に帯状に折り返しているものを「表前立て」といい、裏側に折り返して帯をつくらないものを「裏前立て」と呼ぶ。これは単に仕立て方の違いなのだが、フォーマル用のシャツは「裏前立て」になっているものが多く、場合によってはボタンホールを覆い隠すように作られていて、着用したときにボタンが見えない「比翼仕立て」と呼ばれる仕様もある。このため、「表前立て」は「裏前立て」に比べて一段カジュアルな印象があり加えてボタンが主張するシャツはカジュアルシャツの領域となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る