池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

クールビズこそタイドアップ 夏には夏のネクタイがある

公開日: 更新日:

 世の中は、半分以上がおしゃれに無頓着な人か、あるいはおしゃれしようとしていても、どこか勘違いをして失敗しているダサい人だ。おしゃれな人は少数派で、みんながおしゃれになってしまったら「おしゃれ」なんて言葉すら存在しない。逆に言えば、みんながおしゃれじゃないからこそ、誰にでもおしゃれになれるチャンスがある。

 ノータイが当たり前のクールビズで「おしゃれ」になりたければ、マイノリティーになればいい。つまり「ネクタイ」をすればいいのだ。誰もネクタイをしていないオフィスで、きりりとタイドアップしているだけでマジョリティーから抜け出せるとあれば、それは必ずや仕事の上で武器になる。初対面のクライアントの印象にはきっと残るし、重要な会議や商談の席なら、誰よりも現場の空気をつかさどることができるだろう。

 しかしながら、ネクタイ姿が「暑苦しい」と思われては逆効果。そこで、かつてクールビズ以前、夏には夏のネクタイがあったことを思い返してほしい。そうすれば「おしゃれ」は簡単にモノにできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る