池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

クールビズこそタイドアップ 夏には夏のネクタイがある

公開日: 更新日:

 世の中は、半分以上がおしゃれに無頓着な人か、あるいはおしゃれしようとしていても、どこか勘違いをして失敗しているダサい人だ。おしゃれな人は少数派で、みんながおしゃれになってしまったら「おしゃれ」なんて言葉すら存在しない。逆に言えば、みんながおしゃれじゃないからこそ、誰にでもおしゃれになれるチャンスがある。

 ノータイが当たり前のクールビズで「おしゃれ」になりたければ、マイノリティーになればいい。つまり「ネクタイ」をすればいいのだ。誰もネクタイをしていないオフィスで、きりりとタイドアップしているだけでマジョリティーから抜け出せるとあれば、それは必ずや仕事の上で武器になる。初対面のクライアントの印象にはきっと残るし、重要な会議や商談の席なら、誰よりも現場の空気をつかさどることができるだろう。

 しかしながら、ネクタイ姿が「暑苦しい」と思われては逆効果。そこで、かつてクールビズ以前、夏には夏のネクタイがあったことを思い返してほしい。そうすれば「おしゃれ」は簡単にモノにできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  7. 7

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  8. 8

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  9. 9

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  10. 10

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

もっと見る