実質50%オフ続々…最強「ポンタ」ポイントの超賢い使い方

公開日: 更新日:

 10月の消費増税が目前に迫っている。軽減税率の導入やキャッシュレス決済時のポイント還元など新制度も目白押しだ。コンビニや外食では持ち帰り(消費税8%)とイートイン(同10%)で税率が異なるし、消費者は戸惑うばかりだ。

 そんななか“最強の使い方”が話題になっているポイントカードがある。コンビニのローソンやドラッグストア「トモズ」、ケンタッキーフライドチキンなどで利用できる共通ポイント「ポンタ」だ。

「増税後のポイント還元に話題が集中していますが、ポイントの上手な使い方を知っておくべきでしょう。ポンタで最も得する利用方法は『お試し引換券』なんです」(流通関係者)

 ローソンではポンタを1ポイント=1円として使用できるが、お試し券だとグッとおトク度が増す。9月は3日に20種類以上が登場し、その後、4日(5種類)、6日(15種類)、10日(16種類)と続々と増加。たとえばキリンの「氷結ストロング 東北産りんご」は先着1万5000本を60ポイント、江崎グリコ「ポッキー」(チョコレート、極細など)は先着2万個を70ポイントといった具合で交換可能だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

もっと見る