実質50%オフ続々…最強「ポンタ」ポイントの超賢い使い方

公開日: 更新日:

 10月の消費増税が目前に迫っている。軽減税率の導入やキャッシュレス決済時のポイント還元など新制度も目白押しだ。コンビニや外食では持ち帰り(消費税8%)とイートイン(同10%)で税率が異なるし、消費者は戸惑うばかりだ。

 そんななか“最強の使い方”が話題になっているポイントカードがある。コンビニのローソンやドラッグストア「トモズ」、ケンタッキーフライドチキンなどで利用できる共通ポイント「ポンタ」だ。

「増税後のポイント還元に話題が集中していますが、ポイントの上手な使い方を知っておくべきでしょう。ポンタで最も得する利用方法は『お試し引換券』なんです」(流通関係者)

 ローソンではポンタを1ポイント=1円として使用できるが、お試し券だとグッとおトク度が増す。9月は3日に20種類以上が登場し、その後、4日(5種類)、6日(15種類)、10日(16種類)と続々と増加。たとえばキリンの「氷結ストロング 東北産りんご」は先着1万5000本を60ポイント、江崎グリコ「ポッキー」(チョコレート、極細など)は先着2万個を70ポイントといった具合で交換可能だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る